サービス部門

特定自主検査・保守点検

労働安全衛生法第45条、労働安全衛生規則1344条の3、労働安全衛生規則135条の2、3により、年1回以上の特定自主検査が必要となりました。
動力プレス機会特定自主検査業者として、累計10,000台に及ぶ実績を駆使した総合的な安全システムを推進、安全装置(他社製安全装置)を含めた検査を行います。

[対象機械]

・プレス機器全般
・プレスブレーキ
・パンチプレス 他

安全装置取り付け・法令指導

労働安全衛生規則第131条改正により、既存のプレスブレーキに安全装置を取り付ける事が義務付けされました。
御社に既に設置してある既存のプレス機器にも、「プレスブレーキ用レーザ式安全装置 DSP-J」を当社が責任を持って取り付けを行います。

メーカー納入・据付け

テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。

機械修理

設備の不調やトラブルは、生産性の低下を招き、製品のコストアップという結果につながります。
当社は、経験豊富なサービスエンジニアによって、修理・メンテナンス体制を確立。突発的なトラブルが生じた場合でも、スピーディに対応します。
また、点検時に発見された不具合箇所や老朽化による不調部分の修理、部品の交換のほか、改造工事を前提にした計画修理も行っています。

機械移設・オーバーホール

プレスを損傷なく移設するには、プレスの構造を熟知し、豊富な経験を持つ技術者が不可欠です。当社は培われた豊富な経験と技術で、工場内のレイアウト変更から、工場外への移設とあらゆる移設工事にフレキシブルに対応いたします。
また、摩耗部品の交換などオーバーホールにも迅速に対応します。